芸能人・経営者のおくやみ情報

プロスペル・メリメ

作家考古学者[フランス]

1870年 9月23日 死去享年68歳

プロスペル・メリメ - ウィキペディアより引用

プロスペル・メリメ(Prosper Mérimée、1803年9月28日パリ - 1870年9月23日カンヌ)は、フランスの作家、歴史家、考古学者、官吏。
小説『カルメン』で知られる。
パリのブルジョワの家庭に生まれた。
法学を学んだ後、官吏となり、フランスの歴史記念物監督官として、多くの歴史的建造物の保護に当たった。
ナポレオン3世の側近であり、元老院議員として出世を遂げた。
青年期に年長のスタンダールとも親交を持ち、公務の傍ら、戯曲や歴史書などを書いた。
メリメは神秘主義と歴史と非日常性を愛した。
ウォルター・スコットの有名な歴史小説やアレクサンドル・プーシキンの非情さと心理劇の影響を受けていた。
メリメの物語はしばしば神秘に満ち、外国を舞台にしており、スペインとロシアが頻繁に発想の源となっていた。
彼の小説の一つがオペラ『カルメン』となった。
生涯 画家であり文学者であったレオノール・メリメと画家のアンヌの息子として生まれ、プロスペルは法律学を修めると同時に多くの外国語(現代ギリシア語、アラビア語、英語、ロシア語)を学んだ。

Prosper Mérimée フランスの作家。 1803年9月28日、生まれ。1870年9月23日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)