芸能人・経営者のおくやみ情報

サム・ペキンパー 氏

映画監督[アメリカ]

1984年 12月28日 死去心不全享年60歳

サム・ペキンパー - ウィキペディアより引用

サム・ペキンパー(Sam Peckinpah, 1925年2月21日 - 1984年12月28日)は、アメリカ合衆国の映画監督。
代表作に『ワイルドバンチ』、『わらの犬』、『ゲッタウェイ』、『ガルシアの首』、『戦争のはらわた』など。
本国アメリカではその残酷な作風から「血まみれのサム」(原文:Bloody Sam)と呼ばれた。
日本では最後の西部劇監督、もしくはバイオレンス映画の巨匠として知られる。
暴力描写とそれを写し出す映像技法は映画界に留まらず、ジャンルを超えて多くの人々へ影響を与えた。
サム・ペキンパーは1925年2月21日にカリフォルニア州フレズノで生まれた。
本名はデヴィッド・サミュエル・ペキンパー。
本人はインディアンの血を引いていると自慢していたが、実際はドイツ系移民の子孫で、一族の本来の苗字はベッケンバッハ(Beckenbach)だったが、米国に移民してからペキンパー(Peckinpaugh)と改め、曾祖父の代からPeckinpahとなった。

Sam Peckinpah 監督、脚本家 1925年2月21日、アメリカ/カリフォルニア州フレズノ生まれ 1984年12月28日、アメリカ/カリフォルニア州イングルウッド死去(脳卒中) 本名:David Samuel Peckinpah 身長:175 cm (引用元 Hatena Keyword)