芸能人・経営者のおくやみ情報

石井輝男 氏

映画監督脚本家[日本]

2005年 8月12日 死去肺がん享年82歳

石井 輝男(いしい てるお、男性、1924年〈大正13年〉1月1日 - 2005年〈平成17年〉8月12日)は、日本の映画監督・脚本家である。
本名は北川 輝男(きたがわ てるお)。
新東宝で作品を発表した後東映に移り、『網走番外地シリーズ』が連続NO.1ヒット。
東映のヒットメーカーの一人でありながら、1968年(昭和43年)より東映ポルノ「異常性愛路線」と呼ばれる一連のエログロ作品を発表した。
また、松竹や日活でも作品を発表している。
1970年代までに東映のエログロ作品とアクション映画を量産し、1974年(昭和49年)には『直撃! 地獄拳』シリーズをヒットさせた。
1990年代はつげ義春・江戸川乱歩の世界へ傾倒した。
東映プロデューサーの天尾完次は「石井は同じ東宝出身の黒澤明の対極に位置する」と評している。
東宝時代は撮影助手に従事していたが、東宝争議にともなう新東宝への移籍と同時に助監督に変更する。
渡辺邦男、成瀬巳喜男、清水宏などの助監督に付く。
また、田中絹代監督作品の助監督もした。
娯楽映画を量産していた渡辺からは早撮りを習い、清水からは脚本を学んだものの、助監督時代は成瀬に大きな影響を受けており、成瀬調の作品の企画を会社に出していたが全て却下されたという。