芸能人・経営者のおくやみ情報

石井輝男 氏

映画監督脚本家[日本]

2005年 8月12日 死去肺がん享年82歳

石井 輝男(いしい てるお、男性、1924年〈大正13年〉1月1日 - 2005年〈平成17年〉8月12日)は、日本の映画監督・脚本家である。
本名は北川 輝男(きたがわ てるお)。
新東宝で作品を発表した後東映に移り、『網走番外地シリーズ』が連続NO.1ヒット。
東映のヒットメーカーの一人でありながら、1968年(昭和43年)より東映ポルノ「異常性愛路線」と呼ばれる一連のエログロ作品を発表した。
また、松竹や日活でも作品を発表している。
1970年代までに東映のエログロ作品とアクション映画を量産し、1974年(昭和49年)には『直撃! 地獄拳』シリーズをヒットさせた。
1990年代はつげ義春・江戸川乱歩の世界へ傾倒した。
東映プロデューサーの天尾完次は「石井は同じ東宝出身の黒澤明の対極に位置する」と評している。
東宝時代は撮影助手に従事していたが、東宝争議にともなう新東宝への移籍と同時に助監督に変更する。
渡辺邦男、成瀬巳喜男、清水宏などの助監督に付く。
また、田中絹代監督作品の助監督もした。
娯楽映画を量産していた渡辺からは早撮りを習い、清水からは脚本を学んだものの、助監督時代は成瀬に大きな影響を受けており、成瀬調の作品の企画を会社に出していたが全て却下されたという。

映画監督 1924年、1月1日東京生まれ。 1939年、東宝に撮影助手として入社。1947年、東宝争議で東宝から分裂した新東宝の設立に参加し、助監督に転身。成瀬巳喜男監督『石中先生行伏記』(50)や清水宏監督『しいのみ学園』(55)につきながら、脚本の勉強をする。 1957年、新東宝の社長が交代。新体制の下、当時では珍しいボクシングの世界を描いた『リングの王者・栄光の世界』(57)で監督デビューし注目を浴びる。その後、児童向けの<「スーパージャイアンツ」シリーズ>(57−58)、メロドラマ『天城心中・天国に結ぶ恋』(58)、日本版カスバもの<「地帯(ライン)」シリーズ>(60−61)、女侠客もの<「女王蜂」シリーズ>などを監督し、キレのいい演出をみせる。 闇の組織をセミ・ドキュメンタリー・タッチで描いた<「地帯(ライン)」シリーズ>は、良識派からは「煽情的だ」と非難を浴びたが、淀川長治氏などの一部の映画批評家からは絶賛され、興行的にもヒットを記録した。 1961年、新東宝の倒産で東映と契約。ニュー東京東映第1作となる『花と嵐とギャング』(61)で高倉健と初コンビを組み、泥臭いイメージの強かった東映アクション映画に、モダニズム溢れる演出で新風を吹き込む。それ以後<「ギャング」シリーズ>など、東映ギャングものに大きな影響を与えた作品を撮り、東映現代劇の中心的人物となっていく。その後、『霧と影』(61)や『黄色い風土』(61)、W・P・マッギバーンの「悪徳警官」を翻訳した『親分を倒せ』(63)などのミステリー物も手がけ、新境地を開拓していく。鶴田浩ニ主演の『昭和侠客伝』(63)で侠客映画のブームを起こし、65 …… (引用元 Hatena Keyword)