芸能人・経営者のおくやみ情報

セルジオ・レオーネ 氏

映画監督[イタリア]

1989年 4月30日 死去心臓発作享年61歳

セルジオ・レオーネ - ウィキペディアより引用

セルジオ・レオーネ(Sergio Leone、1929年1月3日 - 1989年4月30日)は、イタリアの映画監督。
ローマ出身。
1960年代に『荒野の用心棒』を始めとするイタリア製西部劇をヒットさせ、世界中でマカロニ・ウェスタンブームを巻き起こした。
生い立ち セルジオ・レオーネは1929年1月3日にローマに生まれた。
父親は黎明期のイタリア映画界で活躍した映画監督のヴィンチェンツォ(別名ロベルト・ロベルティ)、母親は元女優のエドウィジェである。
両親共に映画関係者だったレオーネは、幼い頃から映画を身近なものとして慣れ親しんだと言う。
1946年に当時17歳のレオーネは、父親の反対を押し切って映画界入り、イタリア国内でイタリア人監督と映画を撮影中のアメリカ人監督の下で助手として働き出す。
レオーネが映画製作に携わることには反対したものの、父親の映画監督としての人脈は若いレオーネにとって大きな助けとなった。
父親の友人であった映画監督のマリオ・ボンナルドには特に目を掛けられ、レオーネは多くのボンナルド監督作品で助監督を担当することになる。

このキーワードは編集待ちキーワードです。説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。 (引用元 Hatena Keyword)