訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

小森和子 氏

映画評論家[日本]

2005年 1月8日 死去呼吸不全享年97歳

小森 和子(こもり かずこ、1909年(明治42年)11月11日 - 2005年(平成17年)1月8日)は映画評論家、タレント。
旧姓は安彦(あびこ)。
愛称は「(小森の)おばちゃま」。
プロフィール 東京都港区赤坂に生まれ育つ。
東京府立第三高等女学校(現・東京都立駒場高等学校)卒業後、『婦人公論』誌編集部で見習い記者を務める。
関係を持った菊池寛の運営する『映画時代』誌編集部へ移り、さらに京都で作家の川口松太郎の愛人生活を送るようになる。
その後、神戸にあったイギリスの船舶会社『P&O』の日本支店でOL生活を送る。
神戸で知り合ったNHK元会長・小森七郎の息子小森一郎と32歳で結婚。
神奈川県藤沢市の鵠沼で第二次世界大戦の終結を迎えた。
1947年(昭和22年)に『映画の友』誌の編集部に入り、当時の編集長の淀川長治の勧めで映画評論活動を開始。
のち一身上の都合で『映画の友』誌の編集部を一方的に辞職し、そのために淀川と一時険悪な関係にあった。
アメリカの映画俳優ジェームズ・ディーンの熱狂的崇拝者として有名。
作家の三島由紀夫が戦後早々と渡米して、ジェームズ・ディーン行きつけのバーを訪れたことを知るや、「その時にあなたが穿いていたズボンを頂戴。
  • 題名
    不倫の恋日記 [VHS]
    監督
    出演俳優
    石田えり小森和子
    発売元
    ビデオメーカー
    発売日
    1989年7月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 828 より

「小森和子」と関連する人物(故人)