芸能人・経営者のおくやみ情報

蔵原惟繕 氏

映画監督[日本]

2002年 12月28日 死去肺炎享年76歳

蔵原惟繕 - ウィキペディアより引用
蔵原 惟繕(くらはら これよし、1927年5月31日 - 2002年12月28日)は、日本の映画監督。
文芸評論家・蔵原惟人はいとこおじ、映画監督・蔵原惟二は実弟にあたる。
ボルネオ島のサラワク王国クチン市(現・マレーシアのサラワク州クチン)にて出生、後に日本へ戻る(そのため、プロフィールでは出身地を東京都としているものもある)。
日本大学芸術学部映画学科在学中に本多猪四郎の紹介で、山本嘉次郎の家に書生として住み込む。
1952年、大学卒業と同時に松竹京都撮影所に入社し、助監督を務める。
1954年に日活に移り、主に滝沢英輔のチーフ助監督を務める。
1957年、石原裕次郎主演の『俺は待ってるぜ』で監督デビュー。
大胆なカメラアングルとカメラワークで注目を浴びる。
以後、石原裕次郎、浅丘ルリ子の主演作を数多く撮る。
1967年フリーとなる。
以降、石原プロモーションの『栄光への5000キロ』をはじめ、『キタキツネ物語』、『青春の門』、『海へ 〜See you〜』などの大作、話題作を次々と送り出す。
  • 題名
    黒い太陽/狂熱の季節
    歌手
    サントラ
    発売元
    インディーズ・メーカー
    発売日
    2007年2月23日
    新品価格
    ¥ 20,832 より
    中古商品
    ¥ 19,418 より