芸能人・経営者のおくやみ情報

クロード・ソーテ 氏

映画監督脚本家[フランス]

2000年 7月22日 死去享年77歳

クロード・ソーテ(Claude Sautet、1924年2月23日 - 2000年7月22日)はフランス・オー=ド=セーヌ県出身の映画監督・脚本家。

1924年2月23日、パリ郊外モンルージュに生まれる。

国立高等装飾芸術学校で絵画や彫刻を学んだ後、1948年、高等映画学院に入学。

1951年、短編『”Nous n”irons plus au bois”(もう森へは行かない)』で映画監督デビュー。
その後助監督を数本経験しながら『”Combat”』誌で音楽評論を執筆。

1955年、長編デビュー作『”Bonjour Sourire”(微笑よこんにちわ)』を演出。

1959年、ジョルジュ・フランジュ『顔のない眼』の脚本を共同執筆、助監督を務める。

1969年、ロミー・シュナイダー主演の『すぎ去りし日の…』が高い評価を得る。

1986年、SACD(劇作家・演劇音楽作曲家協会)の副代表に就任( - 1991年)。

Claude Sautet フランスの映画監督、脚本家。 1924年2月23日、生まれ。2000年7月22日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)