芸能人・経営者のおくやみ情報

ロミー・シュナイダー 氏

女優[オーストリア→フランス]

1982年 5月29日 死去心不全享年45歳

ロミー・シュナイダー - ウィキペディアより引用

ロミー・シュナイダー(Romy Schneider、1938年9月23日 - 1982年5月29日)は、オーストリア・ウィーン出身の女優。
当時の西ドイツ、フランスの映画界で活躍した。
出演した映画の数は60本を超える。
祖母・両親共に俳優で、15歳の時に母親の出演作でデビュー。
映画『プリンセス・シシー』3部作(1955年 - 1957年)でお転婆なバイエルン王国公女、のちのオーストリア皇后シシーを演じてアイドル的な人気を得る。
そして、「シシー(Sissi)」はそのまま彼女の愛称にもなった。
1958年の『恋ひとすじに』で共演した当時無名のアラン・ドロンと恋に落ち婚約。
その後、ハリウッドに進出し、第21回ゴールデングローブ賞 作品賞 (ドラマ部門)を受賞した『枢機卿』でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)にノミネートされ、国際的に認められるようになった。
また、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『ボッカチオ'70』『ルートヴィヒ』やフランツ・カフカ原作/オーソン・ウェルズ監督の『審判』、マルグリット・デュラス原作/脚本の『夏の夜の10時30分』などにも出演し、高い評価を得た。

Romy Schneider(1938-82)本名:ローゼマリー・マグダレーナ・アルバッハ=レティ オーストリア出身の女優・映画俳優。 1938年9月23日、ウィーン生まれ。 父ヴォルフ・アルバッハ=レティ、母マグダ・シュナイダー?も俳優であった。 (引用元 Hatena Keyword)