芸能人・経営者のおくやみ情報

中村勝広 氏(なかむらかつひろ)

プロ野球選手、監督、ゼネラルマネージャー[日本]

2015年 9月23日 死去脳出血享年67歳

中村 勝広(なかむら かつひろ、1949年6月6日 - 2015年9月23日)は、千葉県山武郡九十九里町出身のプロ野球選手(内野手)・監督、野球解説者、野球評論家。
愛称は「カツ」「カッちゃん」。
2012年9月5日より、プロ野球阪神タイガースの取締役ゼネラルマネージャー(GM)を務めていた。
プロ入りまで 成東高校では、1967年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、東関東大会準決勝に進出するが、竜ヶ崎一高に敗退。
1年下のチームメートに藤田康夫投手がいた。
早稲田大学教育学部体育専修へ進学。
東京六大学リーグでは、谷沢、荒川らのいた1968年秋季リーグで優勝を経験したが、自身の活躍の機会はなかった。
その後は優勝から遠ざかるが、4年生の1971年秋季リーグでベストナイン(二塁手)に選出されている。
早大では主将を務め、プロ入り当時から将来の阪神の指導者として嘱望されていた。
リーグ通算52試合出場、172打数51安打、4本塁打、33打点、打率.297。
現役時代 1971年のドラフト2位で阪神タイガースに入団。

中村勝広は、日本の元プロ野球選手・指導者、野球解説者。阪神タイガースゼネラルマネージャー。 右投右打、ポジションは二塁手。背番号は14→70→71番。 1949年6月6日生まれ、千葉県山武郡九十九里町出身。 千葉県立成東高等学校から早稲田大学に進学し、主将を務める。 1972年、ドラフト2位で阪神タイガースに入団。1年目より一軍に定着。堅実な守備で、藤田平と二遊間を組む。本塁打の打てる1番打者として1970年代のタイガースを支えた。 1981年、兼任コーチとなる。 1982年、現役引退とコーチを退任。 1983年から1987年まで阪神タイガースの二軍監督を務める。 1990年、タイガースの一軍監督に昇格。 1995年、成績不振と病気療養の為に監督を途中休養。6年間の監督就任は、タイガース史上最長である。 1996年から2003年まで毎日放送解説者・スポーツニッポン評論家を務める。 2001年からプロ野球マスターズリーグ・大阪ロマンズに参加。 2003年、オリックス・ブルーウェーブのゼネラルマネージャーに就任。 2006年、オリックス・バファローズの2代目監督に就任 *1 2006年、成績不振のため監督を辞任。 2012年9月から阪神タイガースのゼネラルマネージャーを務めていた。 2015年9月23日、急性心不全のため死去。66歳没。 (引用元 Hatena Keyword)