芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川一夫 氏

俳優[日本]

1984年 4月6日 死去頭蓋内膿瘍享年77歳

長谷川一夫 - ウィキペディアより引用

『長谷川一夫 (曖昧さ回避)』より : 長谷川 一夫(はせがわ かずお、1908年2月27日 - 1984年4月6日)は、日本の俳優。
旧芸名に林 長丸(はやし ちょうまる)、林 長二郎(はやし ちょうじろう)。
愛称は長さん。
戦前から戦後にかけて、二枚目の時代劇スターとして活躍し、同時代の剣戟俳優である阪東妻三郎、大河内傳次郎、嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、市川右太衛門とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた。
歌舞伎界から松竹に入り、松竹時代劇の看板俳優となった。
その後東宝、大映と移り、300本以上の作品に出演。
舞台やテレビドラマでも大きな活躍を見せており、晩年には宝塚歌劇『ベルサイユのばら』の初演で演出を行った。
没後、俳優初の国民栄誉賞を受賞。
最初の妻は初代中村鴈治郎の次女・林たみ。
のちに離婚し、新橋の名妓・飯島繁と再婚。
俳優の林成年は長男、女優の長谷川季子と長谷川稀世は長女・次女、また稀世の娘に女優の長谷川かずきがいる。
歌舞伎界へ 1908年(明治41年)2月27日、京都府紀伊郡堀内村字六地蔵(現在の京都市伏見区六地蔵)に生まれる。

はせがわかずお [生]1908.2.27.京都[没]1984.4.6.東京映画俳優。1913年,5歳で歌舞伎の舞台を踏み,初代中村鴈治郎のもとで役者の修業を積む。27年林長二郎の芸名で松竹映画に入り,『稚児の剣法』でデビュー。以来二枚目スターの座を占めた。松竹時代11年に約120本の映画に出演。37年東宝へ転じ長谷川一夫を名のり,第2次世界大戦後は大映で活躍した。主演作品『雪之丞変化』(1935),『婦系図』(40),『地獄門』(53),『近松物語』(54)。没後,国民栄誉賞を贈られた。 (引用元 コトバンク)