芸能人・経営者のおくやみ情報

双葉山定次 氏(ふたばやまさだじ)

相撲力士・第35代横綱[日本]

1968年 12月16日 死去劇症肝炎享年57歳

双葉山定次 - ウィキペディアより引用

双葉山 定次(ふたばやま さだじ、1912年2月9日 - 1968年12月16日)は、大分県宇佐郡天津村布津部(現:大分県宇佐市下庄)出身の元大相撲力士。
第35代横綱。
本名は龝吉 定次(あきよし さだじ)。
定次少年の角界入り 1912年2月9日に大分県宇佐郡天津村布津部(現:大分県宇佐市下庄)で生まれる。
5歳の時に吹き矢が自身の右目に直撃して負傷し、これが元で右目が半失明状態になった。
少年時代は成績優秀で普通に進学を目指していたが、父親が営む海運業が失敗して5000円(現在の2億5000万円に相当する)の借金を負い、兄と妹と母親も早くに亡くしている事情から、次男坊でありながらも一家の家計を支えるべく父の手伝いをしながらたくましく育つ。
浪曲研究家の芝清之が作成した『双葉山物語』では、この海運業の手伝いをしているときに錨の巻上げ作業で右手の小指に重傷を負ったとしている。
定次が14歳の頃、父と乗っていた船が大波を受けて転覆、龝吉父子は海に投げ出されたが、たまたま近くを通っていた船に助けられて九死に一生を得た。

ふたばやまさだじ [生]1912.2.9.大分,宇佐[没]1968.12.16.東京第35代横綱。本名龝吉定次(あきよしさだじ)。1927年立浪部屋へ入門,1932年20歳で入幕。1936年に関脇へ進み,1937年春大関,同1937年夏横綱となった。1945年33歳で引退し,年寄時津風を襲名。1948年大日本大相撲協会(現日本相撲協会)理事,1957年理事長。身体は柔軟で筋力や敏捷性に富み,得意技(わざ)は上手投げ。入幕後の成績は,31場所中総取組数345,勝数276,敗数68で勝率80.2%。その間優勝は12回(全勝8回),連勝数69という未曾有の記録を樹立。 (引用元 コトバンク)