芸能人・経営者のおくやみ情報

杉浦忠 氏(すぎうらただし)

プロ野球選手、監督[日本]

2001年 11月11日 死去急性心筋梗塞享年67歳

杉浦忠 - ウィキペディアより引用

杉浦 忠(すぎうら ただし、1935年9月17日 - 2001年11月11日)は、愛知県西加茂郡挙母町(現:豊田市)出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
「史上最強のアンダースロー」「魅惑のアンダースロー」などと呼ばれた。
プロ入り前 挙母高校時代は無名の速球投手だったが、立教大学進学後は同期の長嶋茂雄・本屋敷錦吾と3人で「立教三羽ガラス」と呼ばれた。
1年春から登板があり、もともとオーバースロー投手であったが、大学2年の時にサイドスロー(アンダースローと呼ばれることなどもある)に転向した。
杉浦自身は、転向の理由を「メガネ」としている(当時のメガネはガラスとセルロイドで重かった)。
「上手投げ時代のフォームは上下動が激しかったので、投げるたびにずれて苦労していた」「それで、頭の位置を一定にさせるためにサイドスローがよいのではないかと思い、実際、やってみると見違えるようにコントロールが良くなった」「オーバースローで投げていたときの方が、ボールは速かったね。

プロ野球、南海ホークスの選手・監督。通称「球界の紳士」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は21*1。 1935年9月17日生まれ。愛知県豊田市出身。 立教大学時代、同期の長嶋茂雄とともに東京六大学リーグ連覇に貢献。 1958年、南海ホークスに入団。 アンダースローの本格派として、日本シリーズの4連投など、エースとして活躍。 鶴岡一人監督の元、野村克也、広瀬叔功、皆川睦雄らと共に、南海ホークスの黄金時代に貢献。 1970年、現役引退。同年、投手コーチに就任。 1986年、南海ホークス最後の監督に就任。 大阪球場でのセレモニーでの「ホークスは不滅です。行ってまいります」は名言として残る。 1989年、身売り後も引き続き福岡ダイエーホークスの初代監督に就任し采配を振るった。 1990年、球団常務としてフロント入り。 また、1990年よりKBC九州朝日放送の解説者を務め、テレビ・ラジオ問わず、ホークスの開幕戦は必ず杉浦が解説していた。 1999年のリーグ優勝決定の翌日も解説したが、前代未聞の美酒に酔いしれながらの解説となった。 2001年、マスターズリーグ、大阪ロマンズの選手兼任コーチとしても活躍。監督代行を務めた。 同年11月11日、マスターズリーグの遠征中、札幌市にて逝去。 マスターズリーグの最優秀投手賞である「杉浦賞」に名を冠している。 *1:ホークスのエースナンバーとして現在に至る。 (引用元 Hatena Keyword)