芸能人・経営者のおくやみ情報

小島信夫 氏

作家[日本]

2006年 10月26日 死去肺炎享年92歳

小島信夫 - ウィキペディアより引用

小島 信夫(こじま のぶお、1915年(大正4年)2月28日 - 2006年(平成18年)10月26日)は、日本の小説家・評論家。
岐阜県稲葉郡加納町(現・岐阜市加納安良町)出身。
旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)、第一高等学校を経て、1941年東京帝国大学文学部英文科卒業。
卒業論文は『ユーモリストとしてのサッカレイ』。
1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。
1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教え、1949年度より東京都立小石川高等学校に移る。
1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授に昇格、以後1985年の定年まで勤務する傍ら旺盛な文筆活動を行った。
2006年10月26日、肺炎のため91歳で死去した。
作風 初期には、実存主義的な不安やブラックユーモアのあふれる小説を書いて、吉行淳之介、遠藤周作、安岡章太郎らと共に第三の新人と呼ばれた。

こじまのぶお [生]1915.2.28.岐阜,加納[没]2006.10.26.東京,国分寺小説家。1941年東京帝国大学英文学科卒業。日本中学校に勤務したが召集され,1946年復員後は岐阜県庁,岐阜師範学校などに勤めた。1954年明治大学助教授となり,のちに教授。『小銃』(1952),『吃音学院』(1953),『城砦の人』(1954)など,日常生活の断面をとらえて現代人の精神のひずみを描く苦いユーモアで注目され,第2次世界大戦後のアメリカ人と日本人の不安定な人間関係の心理模様を映した短編『アメリカン・スクール』(1954)で芥川賞を受賞。安岡章太郎,吉行淳之介,庄野潤三らとともに「第三の新人」と呼ばれ,注目された。代表作に長編『島』(1955),『愛の完結』(1956),第1回谷崎潤一郎賞を受賞した『抱擁家族』(1965),『別れる理由』(1982),『残光』(2006)などがある。評論の『私の作家評伝』は芸術選奨文部大臣賞を受賞。1982年日本芸術院賞受賞。1989年日本芸術院会員。1994年文化功労者。2004年勲二等旭日重光章受章。 (引用元 コトバンク)