芸能人・経営者のおくやみ情報

土光敏夫 氏

経営者、石川島播磨重工業・東芝 元社長、経団連 会長[日本]

1988年 8月4日 死去老衰享年93歳

土光敏夫 - ウィキペディアより引用

土光 敏夫(どこう としお、1896年(明治29年)9月15日 - 1988年(昭和63年)8月4日)は昭和時代の日本のエンジニア、実業家。
石川島重工業・石川島播磨重工業 社長、東芝 社長・会長を歴任、母が創立させた橘学苑の校長も務める。
日本経済団体連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」として土光臨調でも辣腕を振るう。
「メザシの土光さん」としても親しまれた。
位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。
岡山県名誉県民。
次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。
1896年(明治29年)9月15日、岡山県御野郡大野村(現在の岡山市北区)に肥料仲買商の土光菊次郎・登美夫妻の次男として誕生。
母の登美は日蓮宗に深く帰依した女性で女子教育の必要性を感じ、1941年(昭和16年)にほとんど独力で横浜市鶴見区に橘学苑を開校した程の女傑であった。
校訓を「正しきものは強くあれ」とし、敏夫は母の気性を強く受け継いだ。
敏夫は関西中学(現・関西高等学校)を卒業後、代用教員をしながら1浪して東京高等工業学校(現・東京工業大学)機械科に入学。

どこうとしお [生]1896.9.15.岡山[没]1988.8.4.東京経営者。1920年,東京高等工業機械科を卒業,石川島造船所に入社。1936年,石川島芝浦タービンに移り,常務,専務を経て1946年社長に就任。1950年には経営難に陥った石川島重工業に社長として復帰し,同社の再建に尽力する。1960年,播磨造船所と合併した石川島播磨重工業の社長となり,1964~72年会長。また,1965年には石坂泰三に請われ業績の悪化した東京芝浦電気(→東芝)の社長に就任,率先垂範して同社の立て直しにあたり,1972年会長となる。技術者としての合理的な考え方と,経済自由主義の立場から経済界にも重きをなし,1974~80年には経済団体連合会(経団連)の第4代会長に就任,「行動する経団連」を標榜し石油危機後の不況克服に努めた。さらに1981~83年には第2次臨時行政調査会の会長として「増税なき財政再建」を目指し,日本国有鉄道(国鉄)をはじめとする3公社の民営化など,一連の行政改革に指導的役割を果たした。その後,1983~86年にも臨時行政改革推進審議会の会長として行政改革実現に力を尽くした。 (引用元 コトバンク)