芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・ツァイス

光学機器製造業者[ドイツ]

1888年 12月3日 死去脳溢血享年73歳

カール・ツァイス - ウィキペディアより引用

カール・ツァイス(Carl Zeiss ) は、 カール・ツァイス社の創立者であったドイツの機械技術者(いわゆるマイスター)カール・フリードリヒ・ツァイス。
1846年にイェーナで創業し1889年「カール・ツァイス財団」傘下に入ったドイツの光学機器製造会社カール・ツァイス社 1889年エルンスト・アッベにより設立され「カール・ツァイス社」を傘下としたカール・ツァイス財団(Carl Zeiss Stiftung ) カール・ツァイス財団とその傘下企業を含んだカール・ツァイス・グループである。
カール・ツァイス社の誕生~発展 カール・フリードリヒ・ツァイスはイェーナに顕微鏡製造のための工房を開設し、イェーナ大学の植物学者で細胞説で有名なマティアス・ヤーコプ・シュライデンの激励を受けて大学の研究室で使われる光学機器を製作し、高い評価を受けるようになった。

かーるつぁいすCarlZeissAG 「ツァイスのレンズ」で世界的に知られているドイツの代表的光学機器メーカー。「堅牢(けんろう)で、高品質・高性能」という「メイド・イン・ジャーマニー」ブランドを代表する企業の一つである。[風間信隆]沿革1846年に創業者であるカール・ツァイスが、イエナで顕微鏡等の製造を開始したことに起源をもつ。その後1875年に、イエナ大学の員外教授で、新進気鋭の物理学者であったエルンスト・アッベを共同経営者に迎え、研究開発機能を強化した。さらに1883年には、新種のレンズを製造するためにオットー・ショットを迎え、光学ガラス工場を設立し、世界有数の光学・精密機器メーカーに発展した。とくに、アッベの先端的光学技術に基づく顕微鏡や「プリズム式双眼鏡」の開発によって「ツァイス」の名は世界的に知られるところとなった。1888年にカール・ツァイスは没し、アッベが後継者の地位に就き、その後、「資本」の所有と支配を排除し、経営における労働の尊厳と人間性に満ちた経営共同体(「全員無所有の労働共同体」)の実現というアッベ独自の経営理念に基づく経営でも世界的な関心を集めるところとなった。1889年に、アッベは、自分のすべての財産を拠出してカール・ツァイス財団Carl-Zeiss-Stiftungを設立し、財団がツァイス工場等のすべての企業資産を所有する、「財団企業」という独自の形態を実現した。また1900年以降、1日8時間労働の実現、最低賃金制度、年金・退職金制度の実施など、当時としては画期的な労働条件や社会保障制度の実践でも知られていた。第二次世界大戦の敗戦によりイエナのツァイス工場は …… (引用元 コトバンク)