芸能人・経営者のおくやみ情報

平岩外四 氏(ひらいわがいし)

元経団連会長、元東京電力会長[日本]

2007年 5月22日 死去心不全享年93歳

平岩 外四(ひらいわ がいし、1914年(大正3年)8月31日 - 2007年(平成19年)5月22日)は、愛知県常滑市出身の財界人、経営者。
東京電力会長、第7代日本経済団体連合会(経団連)会長(在任、1990年(平成2年)12月21日 - 1994年(平成6年)5月27日)。
財界随一の読書家でもあった。
最晩年に城山三郎と共著で『人生に二度読む本』(講談社、2005年)を出版した。
1987年(昭和62年)に名誉大英帝国勲章KBE受勲。
2006年(平成18年)秋の叙勲にて桐花大綬章を受章。
来歴・人物 6歳で父親を亡くし、母親に育てられる。
愛知七中入学祝に母親から夏目漱石全集を贈られる。
一族から大学進学を反対されるが、母親が反対を押し切り、旧制第八高等学校を経て、東京帝国大学法学部へと進学させた。
1939年(昭和14年)に大学を卒業。
東京電灯(現在の東京電力)に入社した。
1941年(昭和16年)太平洋戦争で陸軍に召集される。
配属されたニューギニア戦線でジャングルを敗走し、飢えと熱病のため、平岩のいた隊は107名中、最後には生存者7名という地獄の体験をする。

ひらいわがいし [生]1914.8.31.愛知,常滑[没]2007.5.22.東京経営者。元東京電力会長,元経済団体連合会会長。6歳で父を亡くし,母親に女手一つで育てられた。東京帝国大学卒業後,1939年東京電灯(のちの東京電力)に入社。太平洋戦争のニューギニア戦線では,117人中たった7人の生き残りの一人。戦後,復職してからは経済同友会代表幹事を長年務めた木川田一隆社長に抜擢され,1976年社長,1984年会長。バブル経済崩壊後の1990年に経団連会長に就任。ゼネコン汚職などで「政治と金」への国民の批判が高まるなか1993年には,経団連会長として政治献金の斡旋中止を決断する。細川護煕首相の諮問機関,経済改革研究会の座長として,バブル崩壊後の日本経済の見取図「平岩リポート」をまとめた。2002年に原子力発電所トラブル隠しが発覚,これを機に東京電力相談役を辞した。1987年大英帝国二等勲功章DBE,1997年レジオン・ドヌール勲章,2006年桐花大綬章を受章。 (引用元 コトバンク)

「平岩外四」と関連する人物(故人)