芸能人・経営者のおくやみ情報

備前喜夫 氏

プロ野球選手、広島球団スカウト部長[日本]

2015年 9月7日 死去肺炎享年82歳

備前喜夫 - ウィキペディアより引用

備前 喜夫(びぜん よしお、1933年10月9日 - 2015年9月7日)は、広島県尾道市出身のプロ野球選手(投手)。
引退後は広島東洋カープコーチ、二軍監督、スカウトを務めた。
旧名は「大田垣 喜夫」(おおたがき よしお)。
来歴・人物 尾道西高校(現・尾道商業高校)から、1952年に創設2年目の広島カープに入団。
当時の広島県内の有力選手は、影響力が強かった広島球団後援会の援助をプロ入り前から受けており、大田垣も「他のチームに行ったら承知しない」と脅されていたという。
1952年3月21日に新人ながら開幕投手となり松竹ロビンス相手に初登板で完投し、初勝利を飾る。
当時のエース・長谷川良平は中日移籍の話があって交渉がもつれ、結局は広島に残留したものの開幕に調整が間に合わなかったことから、大田垣に白羽の矢が立ったものであった。
18歳5ヶ月での開幕戦勝利は、現在もプロ野球史上最年少記録である。
2リーグ制以降、開幕投手を務めた高卒新人は大田垣、梶本隆夫、牧野伸と3人いるが、9回完投したのも大田垣一人である(2013年まで)。

プロ野球、広島カープの選手。 旧姓、「太田垣」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は14→16番。 1933年10月9日生まれ。広島県出身。 尾道西高から1952年、広島カープに入団。同年3月21日の松竹ロビンス戦で初登板完投勝利を挙げる。 長谷川良平と共に、1950年代のカープ投手陣を支えた。 1957年、備前家の婿養子となり、太田垣から「備前」に改姓。背番号も16番に変更。同年20勝を記録。 1959年、通算100勝達成。 1962年、現役引退。引退後は投手コーチに就任。ニ軍監督も務めた。 1977年、広島東洋カープのスカウトに就任。1987年より、チーフスカウトを務める。 2002年、退団。 (引用元 Hatena Keyword)

「備前喜夫」と関連する人物(故人)