訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

二本柳俊夫 氏

競馬騎手、調教師[日本]

2006年 5月17日 死去肺炎享年87歳

二本柳俊夫 - ウィキペディアより引用
二本柳 俊夫(にほんやなぎ としお、1920年9月8日 - 2006年5月17日)は、日本の騎手(日本レース・倶楽部、日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会〈JRA〉)、調教師(日本中央競馬会)。
神奈川県横浜市出身。
1932年、立野尋常高等小学校尋常科を卒業。
1992年4月、黄綬褒章を受章。
2004年、調教師顕彰者。
父は二本柳省三(騎手兼調教師)、兄は二本柳勇(騎手)と二本柳俊平(騎手)、弟は二本柳一馬(騎手、調教師)、子の二本柳俊一は現在JRA調教師で、孫の二本柳壮も現在JRA騎手である。
騎手時代 1932年、横浜競馬場にある父・省三の厩舎で見習騎手となる。
1933年、兄・勇の厩舎へ移籍。
1935年、騎手免許取得。
1940年に兵役に就くが体調を崩し翌1941年に兵役を免除された。
太平洋戦争の戦況が悪化し競馬開催が一時停止に追い込まれると、稲葉幸夫のもとで日本競馬会の運送業に従事。
戦後は進駐軍関係の仕事に従事するが、1946年に競馬界に復帰した。
1947年、ヤマトナデシコで中山記念に勝ち重賞初制覇。

「二本柳俊夫」と関連する人物(故人)