芸能人・経営者のおくやみ情報

アントニン・ドヴォルザーク

作曲家[チェコ]

1904年 5月1日 死去脳出血享年64歳

アントニン・ドヴォルザーク - ウィキペディアより引用

アントニン・レオポルト・ドヴォルザーク(チェコ語:Antonín Leopold Dvořák [ˈantɔɲiːn ˈlɛɔpɔlt ˈdvɔr̝aːk] Cs-Antonin Dvorak.ogg 発音、1841年9月8日 - 1904年5月1日)は後期ロマン派におけるチェコの作曲家。
チェコ国民楽派を代表する作曲家である。
チェコ語の発音により近い「ドヴォルジャーク」「ドヴォジャーク」という表記も用いられている(表記についてはドヴォジャークを参照)。
ブラームスに才能を見いだされ、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となった。
スメタナとともにボヘミア楽派と呼ばれる。
その後、アメリカに渡り、音楽院院長として音楽教育に貢献する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させている。
代表作に、弦楽セレナード、管楽セレナード、ピアノ五重奏曲第2番、交響曲第7番、交響曲第8番、交響曲第9番『新世界より』、スラヴ舞曲集、この分野の代表作でもあるチェロ協奏曲、『アメリカ』の愛称で知られる弦楽四重奏曲第12番などがある。

Antonín Dvořák チェコの国民楽派の作曲家。 1841年9月8日、生まれ。1904年5月1日、死去。 チェコ語に近い発音をするならば、ドヴォルジャークとなる。 チェコ人らしくスラブ的な音楽が多い。アメリカに影響された作品もいくつかあり、彼の代表作のうちの一つ「交響曲第9番ホ短調(新世界より)」もそれである。 (引用元 Hatena Keyword)