芸能人・経営者のおくやみ情報

皇至道 氏

教育学者[日本]

1988年 9月27日 死去脳梗塞享年90歳

皇 至道(すめらぎ しどう、1899年(明治32年)6月19日 - 1988年(昭和63年)9月27日)は滋賀県出身の教育学者。
長年にわたり、多くの教育者、教育学者を育成した。
1973年(昭和48年)に勲二等瑞宝章を受章。
元テレビ朝日プロデューサー・皇達也は長男。
弟に、東北大学名誉教授、のち玉川大学文学部長を務めた皇晃之(名は、きらゆき。
1908年 - 2004年)がいる。
こちらも専門は教育行財政学。
来歴・人物 滋賀県愛知郡湖東町(現・東近江市)出身。
広島高等師範学校、広島文理科大学卒業。
専門は教育行財政学。
広島高等師範学校講師、広島文理科大学教授、広島大学教育学部教授、同教育学部長(連続5期)を経て、1963年(昭和38年)、森戸辰男の後を継ぎ、第2代学長に就任した。
行政経験豊かで、大学研究の第一人者でもあった皇は、大学整備計画を推進し、歯学部等の設置を行なったが、入試問題漏洩事件の道義的責任をとって任期途中、1966年6月辞任する(この年、不正入試事件(入試問題漏洩)が起こり、事務官3人を懲戒免職)。

「皇至道」と関連する人物(故人)