芸能人・経営者のおくやみ情報

ヤン・チヒョルト 氏

タイポグラファー、カリグラファー[ドイツ→スイス]

1974年 8月11日 死去享年73歳

ヤン・チヒョルト - ウィキペディアより引用

ヤン・チヒョルト(Jan Tschichold, 1902年4月2日 – 1974年8月11日)は、ドイツのタイポグラファー・カリグラファーである。
看板屋の長男としてライプツィヒに生まれた。
新しいタイポグラフィの創生に努めたが、ナチスの弾圧を避けてスイスへ移住した後は、伝統的なタイポグラフィを擁護する立場をとる。
同国のロカルノで没した。
なお、もとの姓名は Johannes Tzschichhold である。
Iwan Tschichold と名のっていたこともある。
生涯 彼はカリグラフィーを学んでいた。
この職人としての生い立ちとカリグラフィーの実践が、建築やアートという分野から育って来た同世代のタイポグラファー達と彼を一線を画すこととなる。
ドイツではアドルフ・ヒトラーの当選後、デザイナーは文部省に登録をしなければならず、共産主義者は教職などから排除されるようになった。
1933年に彼の妻は逮捕され、また彼の部屋からソビエトのポスターが見つかったことから、共産党員との共謀を疑われるようになった。

【Jan Tschichold】ドイツのタイポグラファー・デザイナー(1902-74)。 当初モダニズムの担い手として現れたが、まもなく古典主義に転ずる。 このキーワードは編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。 (引用元 Hatena Keyword)

「ヤン・チヒョルト」と関連する人物(故人)