芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤泰 氏

映画監督脚本家[日本]

1985年 6月17日 死去享年70歳

加藤泰 - ウィキペディアより引用

加藤 泰(かとう たい、1916年8月24日 - 1985年6月17日)は、日本の映画監督、脚本家。
時代劇や任侠映画の名監督として活躍。
代表作に『沓掛時次郎 遊侠一匹』、『瞼の母』、『明治侠客伝 三代目襲名』、『源氏九郎颯爽記』シリーズ、『緋牡丹博徒シリーズ』、『江戸川乱歩の陰獣』がある。
また、テレビドラマなどで脚本も手掛けた。
来歴・人物 兵庫県神戸市生まれ、貿易商だった父の郷里・愛知県名古屋市育ち。
母方の叔父に映画監督の山中貞雄がいる。
愛知県立工業学校機械科を2年で中退し、いったん京都の貿易会社に入るが、映画への情熱さめやらず、山中を頼り上京。
1937年、東宝撮影所に入社した。
八木保太郎に師事し、理研科学映画、満州映画協会を八木とともに転々とし、記録映画を作る。
1946年、帰国。
大映京都撮影所の助監督部に入社し、少年時代映画のとりことなるきっかけを作った伊藤大輔監督作品につくこととなる。
また、黒澤明監督『羅生門』では、印象的な予告編を手掛けている。
しかし、大映の組合書記長を務めたことでレッド・パージの対象となり同社を解雇され、独立プロの宝プロダクションに転職。

】 [1916~1985]映画監督。兵庫の生まれ。本名、泰通(やすみち)。記録映画から出発し、その後は時代劇を多く手がける。白塗りが当然であった時代劇で、キャストにノーメイクを命じて撮影するなど、独自のスタイルを用いて時代劇映画に新風を吹き込んだ。代表作は「瞼(まぶた)の母」「沓掛(くつかけ)時次郎遊侠一匹」のほか、「緋牡丹博徒(ひぼたんばくと)」シリーズなど。 (引用元 コトバンク)