芸能人・経営者のおくやみ情報

小林正樹 氏

映画監督[日本]

1996年 10月4日 死去心筋梗塞享年81歳

小林正樹 - ウィキペディアより引用
小林 正樹(こばやし まさき、1916年2月14日 - 1996年10月4日)は日本の映画監督。
なお、『TAKI 183』や『時空警察』を手がける演出家の小林正樹とは別人である。
人物・来歴 北海道小樽市に会社員の息子として生まれる。
女優田中絹代の又従弟に当たる。
早稲田大学文学部哲学科で東洋美術を専攻し、会津八一に師事する。
在学中に田中絹代に誘われて映画「桑の實は紅い」(清水宏監督)のロケ現場に1ヶ月参加する。
1941年(昭和16年)早稲田大学卒業。
卒業論文は「室生寺建立年代の研究」。
同年に松竹大船撮影所助監督部に入社する。
同期には野村芳太郎がいた。
入社試験に際しては、親しい間柄であった田中絹代に紹介を頼んだが、「映画界は実力がなければ通用しない」と諭され、田中の縁者であることを隠し通したという。
同年、「暁の合唱」(清水宏監督)、「風薫る庭」(大庭秀雄監督)に助監督として就いたのち、応召する。
満州においてソ連国境線の警備にあたる。
軍務の合間を縫ってシナリオ『防人』を執筆。
1944年(昭和19年)に宮古島へ移動、飛行場建設作業に従事する。