訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

永山武臣 氏

松竹 会長[日本]

2006年 12月13日 死去急性白血病享年82歳

永山 武臣(ながやま たけおみ、1925年(大正14年)8月30日 - 2006年(平成18年)12月13日)は、実業家。
松竹社長・会長。
経歴・人物 生まれや学歴など 東京出身。
屯田兵設立の功労者である男爵永山武四郎の孫。
息子はフジテレビプロデューサーの永山耕三。
はじめ名を雅啓、武臣と改名。
学習院初等科と高等科を卒業。
京都帝国大学経済学部へ入学し、1948年(昭和23年)3月に京都大学経済学部を卒業した。
2006年(平成18年)12月13日午前7時48分、急性白血病のため都内の病院で死去。
享年81歳。
法号は徳風院本壽日武大居士。
松竹入社と歌舞伎への関わり 大学在学中の1947年(昭和22年)10月に松竹に入社し、東京劇場監事室に配属された。
1951年(昭和26年)1月の東京・歌舞伎座の再開と同時にその監事室に配属され、松竹創業者の一人である大谷竹次郎の下で、同年に上演された「源氏物語」(9代目市川海老蔵(後の11代目市川團十郎)や7代目尾上梅幸、2代目尾上松緑ら)や6代目中村歌右衛門襲名披露興行など第2次世界大戦後初期の歌舞伎の代表的な公演に関わることになった。