訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ドン・シーゲル 氏

映画監督[アメリカ]

1991年 4月20日 死去がん享年80歳

ドナルド・シーゲル(Donald "Don" Siegel, 1912年10月26日 - 1991年4月20日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の映画監督。
マンドリン奏者である父の巡業のため、幼い頃からアメリカ各地を転々とし、高校卒業後に家族で渡英。
ケンブリッジ大学や英国王立演劇アカデミーで学び、その後再び家族で渡仏。
1931年に帰国し、叔父がワーナー・ブラザーズで働いていたため、34年、同社で働くようになる。
編集助手や助監督などでラオール・ウォルシュ、ハワード・ホークス、マイケル・カーティスを始めとする数多くの映画監督の下に付く。
モンタージュ技術があり、担当として腕を振るった。
1944年にはワーナーとの契約が揉めて、数ヶ月間仕事を干されるなど屈辱を味わう。
その後ハワード・ホークス監督の『脱出』の助監督に付いた時は、ワーナーへの仕返しとしてエキストラにより多くの賃金を払っていたことがバレて現場立ち入りを禁じられたというエピソードを持つ。