芸能人・経営者のおくやみ情報

岩波茂雄

岩波書店 創業者[日本]

1946年 4月25日 死去脳出血享年66歳

岩波茂雄 - ウィキペディアより引用
岩波 茂雄(いわなみ しげお、1881年8月27日 - 1946年4月25日)は、日本の出版人、岩波書店創業者。
貴族院多額納税者議員。
次男の岩波雄二郎は岩波書店・二代目社長。
孫の岩波律子は岩波ホール支配人。
次女小百合は岩波書店会長の小林勇の妻。
長野県諏訪郡中洲村(諏訪市中洲)の農家に生まれる。
父義質は村の助役をしていたが、体が弱く茂雄が15歳のとき病死した。
尋常小学校、高等小学校をへて、1895年(明治28年)には諏訪実科中学校(現・諏訪清陵高)へ入学。
在学中には父が死去し、戸主となる。
母を助け農業をしていたが1899年に上京し、旧制日本中学に入学。
母が学資を仕送りしてくれた。
ある時母親が上京すると茂雄は東京見物をさせようと思うも母は用事が済むとさっさと帰郷してしまった。
息子を勉強させたいばかりに働いたのだという。
翌年には卒業し、1901年、杉浦重剛を慕い第一高等学校に入学する。
藤村操が自殺した際、彼の友人でもあった茂雄は哲学書等を携えて40日間山小屋に篭もり死に付いて真剣に考え、自身も死を選びつつあったが、母親の下山の訴えでとうとう下界へ戻る。