芸能人・経営者のおくやみ情報

丹下健三 氏

建築家[日本]

2005年 3月22日 死去享年93歳

丹下健三 - ウィキペディアより引用

丹下 健三(たんげ けんぞう、1913年(大正2年)9月4日 - 2005年(平成17年)3月22日)は日本の建築家、都市計画家。
一級建築士(登録番号第15182号)。
日本では「世界のタンゲ」と言われたように、日本人建築家として最も早く日本国外でも活躍し、認知された一人。
第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、多くの国家プロジェクトを手がける。
また磯崎新、黒川紀章、槇文彦、谷口吉生などの世界的建築家を育成した。
位階勲等は従三位勲一等瑞宝章、文化勲章受章。
フランス政府よりレジオンドヌール勲章受章。
カトリック信徒(洗礼名:ヨセフ)。
年譜 1913年(大正2年) 丹下辰世(ときよ)とテイ(禎・禎子)の三男として大阪府堺市に生まれる。
住友銀行社員であった父の転勤によって生後まもなく中国の漢口へ。
数年後さらに上海のイギリス租界に移り住む。
1918年(大正7年) 上海・日本尋常小学校入学。
1920年(大正9年) 父の出身地である愛媛県今治市に家族で移住。
今治の第二尋常小学校(現・今治市立美須賀小学校)に編入。

  • 題名
    KYOTO [DVD]
    監督
    出演俳優
      発売元
      オンリー・ハーツ
      発売日
      2015年11月20日
      新品価格
      ¥ 3,888 より
      中古商品
      ¥ 2,650 より

    たんげけんぞう [生]1913.9.4.大阪,堺[没]2005.3.22.東京,港建築家,工学博士。1938年東京帝国大学建築学科を卒業し,前川国男建築設計事務所勤務を経て,1945年同大学大学院を卒業。東京大学教授,同名誉教授。1961年に丹下健三・都市・建築設計事務所を開設。アメリカ芸術科学アカデミー海外名誉会員,フランス建築アカデミー海外会員で,サンパウロ国際ビエンナーレ建築部門審査員(1957),マサチューセッツ工科大学客員教授(1959~60)なども務めた。主要作品は広島平和公園(1950)と広島平和記念資料館(1955),旧東京都庁舎(1957),香川県庁舎(1958),東京カテドラル聖マリア大聖堂(1964),東京オリンピック競技大会時に建てた国立代々木競技場の屋内総合体育館(1964),日本万国博覧会マスタープラン(1970),ナイジェリア新首都都心計画(1982),新東京都庁舎(1991)など。主著『桂-日本建築における伝統と創造』(1960),『伊勢-日本建築の原形』(1962~65),『丹下健三1946~1969-建築と都市』(1970),『21世紀の日本-その国土と国民生活の未来像』(1971)。1966年アメリカ建築家協会ゴールドメダル受賞。1979年文化功労者。1980年文化勲章受章。1987年プリツカー賞,1993年高松宮殿下記念世界文化賞受賞,1996年レジオン・ドヌール勲章受章。 (引用元 コトバンク)