芸能人・経営者のおくやみ情報

ハイレ・セラシエ1世 氏

エチオピア帝国最後の皇帝[エチオピア]

1975年 8月27日 死去享年84歳

ハイレ・セラシエ1世 - ウィキペディアより引用

ハイレ・セラシエ1世(ቀዳማዊ፡ኃይለ፡ሥላሴ, Haile Selassie I, 1892年7月23日 - 1975年8月27日)は、エチオピア帝国最後の皇帝(在位:1930年11月2日(戴冠式が行われた月日) - 1974年9月12日)。
アフリカ統一機構初代議長。
生涯 幼年期 エチオピア南部のショア地方の貴族の子として生まれる。
血縁上はアドワの戦いで名を馳せた英雄メネリク2世の従兄弟の子にあたる。
幼少の頃より聡明で、若くして各地の州知事を歴任した。
記憶力が非常に優れており、晩年に至っても重要事項について全てを暗記していて、メモの類を一切必要としなかったという逸話が残っている。
摂政 1916年のクーデター後、メネリク2世の娘で女帝として即位したザウディトゥの皇太子・摂政となり、実権を掌握する。
1924年4月にはヨーロッパ外遊。
エチオピアの国際連盟加盟を実現した。
当時エチオピアに影響力のあったイタリア王国、イギリス、フランスに対抗するため、アメリカ合衆国、日本に接近した。

HaileSelassieI. 1892.7.23-1975.8.27 エチオピア国籍。 元・エチオピア皇帝。 ハラル州生まれ。 本名ラス・タファリ・マコンネン〈RasTafariMakonnen〉。 1910年ハラル州知事となる。’16年メネリク2世の娘ザウディトゥ女帝の摂政となり、’30年女帝の死去にともない皇帝に即位。憲法制定、奴隷解放制度廃止、教育の普及などに努める。’36年イタリア軍の侵略でイギリスへ亡命、’41年帰国し、復位。’58年対日友好条約に調印。’63年にはアフリカ統一機構(OAU)設立、’67〜70年ナイジェリア内戦、’72年スーダン内戦などの解決に尽力したが、国内では保守的支配層保護政策を続ける。’74年皇帝独裁に対するクーデターにより、廃位、軟禁され、翌’75年死去。 (引用元 コトバンク)