芸能人・経営者のおくやみ情報

池田成彬 氏

実業家政治家、日銀総裁[日本]

1950年 10月9日 死去腸潰瘍享年84歳

池田成彬 - ウィキペディアより引用

池田 成彬(いけだ しげあき、慶応3年7月16日(1867年8月15日) - 昭和25年(1950年)10月9日)は、戦前の政治家、財界人。
第14代日本銀行総裁、大蔵大臣兼商工大臣、内閣参議(第一次近衛内閣・平沼内閣・第2次近衛内閣)、枢密顧問官(東條内閣)、三井合名会社筆頭常務理事(事実上の三井財閥総帥)を歴任。
平沼内閣が潰れると、元老・西園寺公望から首相打診があったが陸軍が阿部信行を推したため立ち消えとなり「幻の首相」となった。
『成彬』は故実読みで「せいひん」とも、晩年の質素な生活から「清貧」とも呼ばれた。
生い立ち 出羽国(現在の山形県米沢市)に米沢藩士・池田成章の長男として生まれる。
江戸留守居役であった父の影響により、米沢藩の米沢中学(現・米沢興譲館高校)で漢学を学んだ後、13歳ですぐに東京に出て有馬学校を振り出しに、小永井小舟の濂西塾に入り儒学と漢学を学ぶ。

いけだしげあき [生]慶応3(1867).7.16.米沢[没]1950.10.9.東京大正から昭和前期の銀行家,三井財閥の指導者。米沢藩士の長男として生まれ,1888年慶應義塾を卒業し,ハーバード大学に学んだ。帰国後『時事新報』を経て1895年三井銀行に入社。1909年常務取締役となり,以来合理主義的な感覚と実行力で,三井銀行を日本の代表的銀行に発展させた。1932年三井合名の理事,1933年同常務理事となり,三井財閥の指導者の地位につくとともに,持ち株の公開,重役の定年制などを実行し,三井の改革を遂行した。1936年三井を退き,1937年日本銀行総裁,1938年第1次近衛内閣の大蔵大臣兼商工大臣などを歴任した。 (引用元 コトバンク)