芸能人・経営者のおくやみ情報

フィリップ・ロス 氏Philip Roth

作家[アメリカ]

2018年 5月22日 死去享年86歳

フィリップ・ロス - ウィキペディアより引用

フィリップ・ロス(Philip Roth、本名:Philip Milton Roth、1933年3月19日 - )は、アメリカの小説家。
現代のアメリカ文学を代表する小説家のひとり。
文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてロスとコーマック・マッカーシー、ドン・デリーロ、トマス・ピンチョンの4人を挙げている。
ニュージャージー州ニューアークでガリツィア系ユダヤ人移民の子として生まれる。
ラトガース大学、バックネル大学、シカゴ大学で学ぶ。
ソール・ベローと親交(「ベローがいなかったら小説家になっていたかわからない」とインタビューで語っている)。
1955年から1957年までシカゴ大学で創作を教えていた。
またペンシルベニア大学で比較文学を教えた。
1959年、ユダヤ系移民の家庭を描いた短編集『さようならコロンバス』で作家デビュー。
翌年、この作品で全米図書賞を受賞し、一躍新進作家として脚光を浴びる。
1969年には、ニューヨークに住むユダヤ人の若者とその母親との屈折した関係を描いた長編『ポートノイの不満』が年間ベストセラーの1位に輝いた。

Philip Roth 小説家。 1933年3月19日、生まれ。2018年5月22日、死去 アメリカ合衆国ニュージャージー州、ニューアークのユダヤ系アメリカ人の家庭に生まれた。シカゴ大学などで学び、卒業後1955年から1957年まで英語教師として働いた。中流ユダヤ人家族を描いた処女作品集の「さよならコロンバス」(1959年)で注目され、翌年全米図書賞を受賞した。その後、「ポートノイの不満」(1969年)がベストセラーとなり作家としての地位を築いた。1990年に1970年代から関係のあったイギリス人の女優 クレア・ブルーム(Claire Bloom)と結婚、その後離婚している。 Goodbye, Columbus and Five Short Stories/さようならコロンバス (1959) ;全米図書賞 Letting Go (1962) When She Was Good/ルーシィの哀しみ(1967) Portnoy's Complaint/ポートノイの不満(1969) Our Gang/われらのギャング(1971) The Breast/乳房になった男(1972) The Great American Novel/素晴らしいアメリカ野球(1973) My Life As a Man/男としての我が人生(1974) Reading Myself and Others/素晴らしいアメリカ作家(1975) :essays The Professor of Desire/欲望学教授(1977) The Ghost Writer (1979)/ゴースト・ライター Novotny's Pain (1980) A Philip Roth Reader (1980) Zuckerman Unbound (1981)/解き放たれたザッカーマン The Anatomy Lesson (1983)/解剖学講義 The Plague Orgy/ Zuckerman Bound (1985) The Counterlife (1986)/背信の日々 ;National Book Critics Circle Award The Facts: A Novelist's Autobiography (1988) Deception: A Novel (1990)/いつわり Patrimony: A True Story (1991)/父の遺産 ;National Book Critics Circle Award Operation Shylock: A Confession (1993)  ;PEN/Faulkner Award Sabbath's Theater (1995)  …… (引用元 Hatena Keyword)

「フィリップ・ロス」と関連する人物(故人)