訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

関川秀雄 氏

映画監督[日本]

1977年 12月16日 死去享年70歳

関川 秀雄(せきがわ ひでお、1908年12月1日 ‐1977年12月16日)は、日本の映画監督。
1908年12月1日、新潟県佐渡郡佐和田町(現・佐渡市)の地主の家の四男に生まれる。
旧制佐渡中学在学中は画家に憧れていた。
卒業後、旧制新潟高校に入学して中退。
劇映画『ひろしま』(日教組プロ、1953年)でベルリン映画祭長編劇映画賞受賞。
記録映画『鉄路に生きる』(1951年)が1952年ヴェネツィア国際映画祭教育科学部門第2位。
また、児童向け劇映画『トランペット少年』(東映教育映画部、1955年)が第9回エディンバラ国際映画祭で受賞。
戦争孤児を描いた『第二の人生』、学徒兵を描いた反戦映画『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』、砂川の立川基地拡張反対闘争を描いた『爆音と大地』など社会意識の強い作品が多い一方、刑事ドラマ、少年探偵団シリーズなどの映画もつくり、娯楽作品でも腕を振るった。