芸能人・経営者のおくやみ情報

亀井文夫 氏

映画監督[日本]

1987年 2月27日 死去享年80歳

亀井文夫 - ウィキペディアより引用

かめいふみお [生]1908.4.1.福島[没]1987.2.27.東京映画監督。文化学院中退,ソ連に留学。帰国後東宝文化映画部に所属,『上海』(1937),『小林一茶』(41),などの傑出した記録映画を作る。1938年の『戦ふ兵隊』は,反戦的要素が濃厚という理由で軍部から上映禁止となる。第2次世界大戦後劇映画に転じ『戦争と平和』(47,山本薩夫と共同監督),『女の一生』(49)などを作り,フリーとなる。54年日本ドキュメント・フィルム社を創立,『生きていてよかった』(56),『世界は恐怖する』(57)など,原水爆の恐ろしさを訴えた記録映画で話題を呼んだ。鋭い社会批判を含んだすぐれた記録映画作家の一人。 (引用元 コトバンク)