芸能人・経営者のおくやみ情報

花紀京 氏

俳優、お笑い芸人[日本]

2015年 8月5日 死去肺炎享年79歳

花紀 京(はなき きょう、1937年1月2日 - 2015年8月5日)は、日本の俳優、お笑い芸人。
生前はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属した。
本名、石田 京三(いしだ きょうぞう)。
大阪府大阪市天王寺区出身。
父は漫才師の横山エンタツ。
エンタツの次男であるが、少年時代は笑芸に興味がなく、中学時代まで、父親が喜劇人エンタツであることを知らなかったらしい。
また、父子は一度も共演していない。
大阪府立阿倍野高等学校を経て関西大学入学後の1958年、麻雀仲間だった花登筺に弟子入りし、内海重典、大村準一らの指導を受け、OSミュージックホールにおける寸劇でデビューする。
1959年には芦屋雁之助らとともに劇団・笑いの王国の旗揚げに参加。
同劇団解散後、1962年に吉本興業入り。
師匠・花登の「花」と自身の本名「京三」にちなみ、「ききょうの花」をひっくり返した「花紀 京」の芸名を名乗る。
1963年には早くも吉本新喜劇の座長に抜擢され、岡八郎、原哲男、桑原和男らとの独特のボケ・ツッコミをくりひろげるコンビ芸で活躍する。

俳優。芸人。コメディアン。吉本興業所属。 本名は石田京三。 1937年1月2日、生まれ。2015年8月5日、死去。 大阪府出身。関西大学卒業。 伝説的漫才師である横山エンタツの次男として生まれ、1958年に花登筐に弟子入りし、コメディアンへの道を進む。 1962年、吉本興業と契約。 1973年、読売テレビ主催「上方お笑い大賞」で金賞を受賞。その後は吉本新喜劇の中心人物として、岡八郎、原哲男との名コンビで爆発的な人気を獲得。座長となり、新喜劇の顔として広く知られるようになる。 また、俳優・藤田まことの親友であることから、藤田まことが出演するドラマや時代劇に多数ゲスト出演しており、全国区における俳優としての知名度も上がっていく。 1989年の新喜劇退団後は、喜劇役者として多数の映画、ドラマに出演。 1999年に肺がんの手術を受ける。 2001年には、ダウンタウン、ココリコ、間寛平らとともに限定ユニット「Re:Japan」に参加。NHK紅白歌合戦にも出場した。 2002年8月に脳腫瘍の摘出、2003年5月には自宅で入浴中に低酸素脳症で倒れ入院。その後は療養生活を送っていた。 (引用元 Hatena Keyword)