芸能人・経営者のおくやみ情報

花紀京 氏

俳優、お笑い芸人[日本]

2015年 8月5日 死去肺炎享年79歳

花紀 京(はなき きょう、1937年1月2日 - 2015年8月5日)は、日本の俳優、お笑い芸人。
生前はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属した。
本名、石田 京三(いしだ きょうぞう)。
大阪府大阪市天王寺区出身。
父は漫才師の横山エンタツ。
エンタツの次男であるが、少年時代は笑芸に興味がなく、中学時代まで、父親が喜劇人エンタツであることを知らなかったらしい。
また、父子は一度も共演していない。
大阪府立阿倍野高等学校を経て関西大学入学後の1958年、麻雀仲間だった花登筺に弟子入りし、内海重典、大村準一らの指導を受け、OSミュージックホールにおける寸劇でデビューする。
1959年には芦屋雁之助らとともに劇団・笑いの王国の旗揚げに参加。
同劇団解散後、1962年に吉本興業入り。
師匠・花登の「花」と自身の本名「京三」にちなみ、「ききょうの花」をひっくり返した「花紀 京」の芸名を名乗る。
1963年には早くも吉本新喜劇の座長に抜擢され、岡八郎、原哲男、桑原和男らとの独特のボケ・ツッコミをくりひろげるコンビ芸で活躍する。

日本の俳優、お笑い芸人。1937年1月2日、大阪府生まれ。本名・石田京三(いしだきょうぞう)。父は上方漫才の祖とされる「横山エンタツ・花菱アチャコ」の横山エンタツ。58年、劇作家の花登筐(はなとこばこ)に弟子入りし、翌年、劇団「笑いの王国」旗揚げに参加した。劇団解散後の62年、吉本興業に入社し、63年には吉本新喜劇の座長となった。岡八郎(後に八朗)や原哲男らとともに吉本新喜劇の一時代を築き、89年に退団。テレビでは60年代に「てなもんや三度笠」「スチャラカ社員」などに出演、98年のNHK連続テレビ小説「やんちゃくれ」でも好演した。2001年には、お笑いコンビ・ダウンタウンらとシングル「明日があるさ」をリリースし、NHK紅白歌合戦にも出場したが、02年に脳腫瘍の摘出手術を受け、03年から療養生活に入った。15年8月5日、肺炎のため死去。享年78。 (2015-8-10) (引用元 コトバンク)