芸能人・経営者のおくやみ情報

土井晩翠 氏

詩人、英文学者[日本]

1952年 10月19日 死去急性肺炎享年82歳

土井晩翠 - ウィキペディアより引用

土井 晩翠(どい ばんすい、1871年12月5日(明治4年10月23日) - 1952年(昭和27年)10月19日)は、日本の詩人、英文学者。
本名、林吉(りんきち)。
姓は元は「つちい」だったが昭和初期に改称した。
男性的な漢詩調の詩風で、女性的な詩風の島崎藤村と並んで「藤晩時代」と称された。
また、瀧廉太郎の作曲で知られる『荒城の月』の作詞者としても知られ、校歌・寮歌なども多く作詞した。
戦陣訓の文校正でも知られる。
英文学者としては、ホメロス、カーライル、バイロンなどを翻訳している。
生涯 1871年(明治4年)、仙台県仙台の北鍛治町(現・宮城県仙台市青葉区木町通2丁目)に、富裕な質屋の土井林七、あいの長男として生まれた。
父は挙芳と号し和歌、俳諧などの文学趣味を持ち、祖母伊勢も和歌を作っていた。
8歳で培根小学校(現・仙台市立木町通小学校)に入学。
同校在学時に父の影響で『水滸伝』『三国志』『十八史略』に親しみ、『新体詩抄』を愛読した。
祖父の「商人に学問は無用」という意向により進学を阻まれたが、家業に従事しながら英語の通信教育を受けた。

つちいばんすい 「土井晩翠」のページをご覧ください。 土井晩翠どいばんすい [生]明治4(1871).10.23.仙台[没]1952.10.19.仙台詩人,英文学者。本名,林吉。1932年頃姓の「つちい」を「どい」と改音。1897年東京大学英文科卒業。在学中から雑誌『帝国文学』の編集に従事,同派の詩人として名をなした。98年東京音楽学校編『中学唱歌』のために『荒城の月』を作詞。99年高山樗牛の協力で処女詩集『天地有情』を刊行,集中の代表作『星落秋風五丈原』(1898)で,漢詩調による悲壮美の表現に独創性を示した。これにより男性的な調べの叙事詩人としての声価が決定的となり,対立的な詩風の島崎藤村と並んで新体詩の代表的詩人と目された。ほかに詩集『暁鐘』(1901),『東海遊子吟』(06),『曙光』(19)など。ホメロスの『イーリアス』(40),『オヂュッセーア』(43)など翻訳もある。芸術院会員。1950年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)