芸能人・経営者のおくやみ情報

キャロル・リード 氏

映画監督[イギリス]

1976年 4月25日 死去享年71歳

キャロル・リード(Sir Carol Reed, 1906年12月30日 - 1976年4月25日)はイギリスの映画監督。
俳優のSir Herbert Beerbohm Treeの息子としてロンドンに生まれ、カンタベリーで教育を受けた。
ティーンエイジャーの頃から俳優として活動していたが、後に映画監督・プロデューサーになる。
第二次世界大戦中はイギリス陸軍に所属。
『オリバー!』でアカデミー監督賞を受賞。
『第三の男』ではカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した。
1953年には映画監督として初めてナイトの称号を与えられた。
1943年に女優のダイアナ・ウィンヤードと結婚するが4年後に離婚。
1948年に女優のPenelope Dudley-Wardと再婚した。
俳優のオリヴァー・リードは甥にあたる。
また、同じく映画監督であるルキノ・ヴィスコンティと生没年が同じである。
主な監督作品 星は地上を見ている The Stars Look Down (1939) 最後の突撃 The Way Ahead (1944) 邪魔者は殺せ Odd Man Out (1947) 落ちた偶像 The Fallen Idol (1948) 第三の男 The Third Man (1949) 出演:オーソン・ウェルズ 文化果つるところ Outcast of the Islands (1951) 二つの世界の男 The Man Between (1953) 文なし横丁の人々 A Kid for Two Farthings (1955) 空中ぶらんこ Trapeze (1956) ハバナの男 Our Man in Havana (1960) 逃げる男 The Running Man (1963) 華麗なる激情 The Agony and The Ecstasy (1965) オリバー! Oliver! (1968) 最後のインディアン The Last Warrior (1970) フォロー・ミー The Public Eye / Follow Me! (1972) 脚注 外部リンク キャロル・リード - allcinema キャロル・リード - KINENOTE Carol Reed - インターネット・ムービー・データベース(英語)。