訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルキノ・ヴィスコンティ 氏

映画監督脚本家[イタリア]

1976年 3月17日 死去享年71歳

ルキノ・ヴィスコンティ - ウィキペディアより引用
ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti, 1906年11月2日 - 1976年3月17日) は、イタリアの映画監督、脚本家、舞台演出家。
生涯 生い立ち 1906年11月2日、イタリア王国ミラノで生まれた。
実家はイタリアの貴族ヴィスコンティ家の傍流で、父は北イタリア有数の貴族モドローネ公爵であり、ヴィスコンティは14世紀に建てられた城で、幼少期から芸術に親しんで育った。
ミラノとコモの私立学校で学んだ後、1926年から1928年まで軍隊生活を送った。
退役後、1928年から舞台俳優兼セット・デザイナーとして働き始めた。
1936年にはココ・シャネルの紹介でジャン・ルノワールと出会い、アシスタントとしてルノワールの映画製作に携わった。
キャリア 1942年、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』で映画監督としてデビュー。
原作の使用許可を得ていなかったため、原題は『Ossessione (妄執)』である。
同作は現在ではネオレアリズモ運動の先駆的作品と称されることもある。