芸能人・経営者のおくやみ情報

ビリー・ワイルダー 氏

映画監督脚本家[オーストリア=ハンガリー帝国→アメリカ]

2002年 3月27日 死去肺炎享年97歳

ビリー・ワイルダー - ウィキペディアより引用

ビリー・ワイルダー(Billy Wilder, 1906年6月22日 - 2002年3月27日)は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、プロデューサー。
50年以上映画に関わり、60本もの作品に携わった。
本名はSamuel Wilder(ドイツ語読みでザムエル・ヴィルダー)。
生涯 青年時代 鉄道駅構内のカフェ・レストランを経営するユダヤ系のマックス・ヴィルダー (Max Wilder) を父に、おなじくユダヤ系のオイゲーニア・バルディンガー (Eugenia Baldinger) を母に、オーストリア=ハンガリー帝国領ガリツィア、ベスキド地方スハ・ベスキツカ(Sucha Beskidzka、ドイツ語ズーハ、現在ポーランドのマウォポルスカ県)で生まれた。

映画監督、脚本家。Billy Wilder(1906-2002)オーストリア・ウィーン出身。 ドイツで監督デビュー。ナチスを避けてアメリカに亡命。エルンスト・ルビッチに師事する。 初期作品はシリアスな傾向が強かったが、中期以降は主にコメディを撮りつづけた。 日本でも人気は高く、立川談志、小林信彦、三谷幸喜らがリスペクトしている。 (引用元 Hatena Keyword)