芸能人・経営者のおくやみ情報

ロベルト・ロッセリーニ 氏

映画監督[イタリア]

1977年 6月4日 死去享年72歳

ロベルト・ロッセリーニ - ウィキペディアより引用

ロベルト・ロッセリーニ (Roberto Rossellini, 1906年5月8日 - 1977年6月4日) は、イタリアの映画監督。
イタリア映画界におけるネオレアリズモ運動の先駆的な人物の一人であり、イングリッド・バーグマンを据えた作品でも有名。
フランスのヌーヴェル・ヴァーグ運動に多大な影響を与えた。
生涯 一家の歴史 1906年5月8日、ローマで大手建設業者の父アンジェロ・ジュゼッペ・ロッセリーニと母エレットラ・ベランとの間に長男として生まれた。
兄弟は後に作曲家になった弟のレンツォ(1908年生まれ)、妹のマルチェルラ(1909年生まれ)とミカエラ(1922年生まれ)。
ロッセリーニ家の祖はトスカーナ地方の農業ブルジョワでゼッフィーロという姓であった。
イタリア王国の首都がローマになった1871年に一族はローマに移住した。
彼はイタリアを統一したジュゼッペ・ガリバルディとその息子らの後援者として知られていた。
そのためにゼッフィーロ家にはガリバルディ死後の遺品、手紙や献辞入りの写真、将軍のヒゲの毛房が保管されていた。

映画監督 ロベルト・ロッセリーニ Roberto Rossellini  生年 ■ 1906年5月8日 出身地 ■ イタリア/ローマ 没年 ■ 1977年6月3日  子供のときから映画に興味を持ち、1934年に教育映画連盟で編集などを手掛け、1936年に自主製作で2本の短編映画『ダフネ』、『牧神の午後への前奏曲』を撮る。  1939年には『海底の幻想』『横柄な七面鳥』『元気なテレーザ』の3本の短編を撮る。  1941年、海軍省の映画センターの責任者で海軍司令官のフランチェスコ・デ・ロベルティスは、ロッセリーニに病院船の活動を描いたドキュメンタリーを委託し、ロッセリーニの長編第1作『白い船』(1941)が作られた。  1945年の「無防備都市」、「戦火のかなた?」を発表、“イタリアン・ネオリアリズム(ネオ・レアリスモ)”として世界的に反響を呼んだ。  1966年の「ルイ14世の権力奪取」以後、テレビ映画に活動の場を移した。    イングリッド・バーグマンとの結婚はスキャンダルとなった。バーグマンとのあいだの娘がイザベラ・ロッセリーニである。 主な監督作: 白い船 La nava bianca (1941) パイロットの帰還 Un pilota ritorna (1942) 十字架の男 L'uomo dalla crose (1942) 欲望 Desiderio (1943) 無防備都市 Roma, città aperta (1945) 戦火のかなた? Paisà (1946) アモーレ L'amore (1948) 殺人カメラ La macchina ammazzacattivi (1948) ドイツ零年? Germania anno zero (1948) ストロンボリ、神の土地? Stromboli, terra di Dio (1950) 神の道化師、フランチェスコ Francesco, giullare di Dio (1950) ねたみ(オムニバス映画『七つの大罪』第5話)L'invidia (1952) ヨーロッパ1951年 E …… (引用元 Hatena Keyword)