訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・ワイラー 氏

映画監督[アメリカ]

1981年 7月27日 死去享年80歳

ウィリアム・ワイラー - ウィキペディアより引用
ウィリアム・ワイラー(William Wyler, 1902年7月1日 - 1981年7月27日)はアメリカ合衆国を代表する映画監督の一人。
アカデミー監督賞を3回受賞、ハリウッド黄金期に活躍した名監督として「巨匠の中の巨匠」と呼ばれる一人。
完璧主義者として知られた。
ドイツ帝国のミュールハウゼン(現・フランス東部アルザス地域圏オー=ラン県ミュルーズ)出身。
人物・概要 生まれたときの姓名はヴィルヘルム・ヴァイラー(Wilhelm Weiller)。
ミュールハウゼンにて、小物屋を営むユダヤ系家庭に生まれる。
父親はユダヤ系スイス人、母親もユダヤ系ドイツ人で、両親共にユダヤ教徒でもあった。
ヴィルヘルムは家業を継ぐことを嫌い、パリに赴いて音楽を学んだがこの道でも挫折してしまう。
結局、母方の親戚(遠縁ではあるが)に当時のハリウッドの重鎮カール・レムリ(ユニバーサル・スタジオ社長)がいたことから映画の道を志し、1920年、18歳で渡米、まずユニヴァーサルのニューヨーク本社で雑用係として働く。

「ウィリアム・ワイラー」と関連する人物(故人)