芸能人・経営者のおくやみ情報

ロベール・ブレッソン 氏

映画監督脚本家[フランス]

1999年 12月18日 死去享年99歳

ロベール・ブレッソン(Robert Bresson、1901年9月25日 ブロモン=ラモト - 1999年12月18日 パリ)は、フランスの映画監督、脚本家である。
来歴・人物 1901年9月25日、フランス・ピュイ=ド=ドーム県ブロモン=ラモトで生まれる。
映画監督になる前は画家、写真家として活躍した後、数本の作品に助監督、脚本家として参加。
1934年中篇『公共問題』で監督デビューするものの仕上がりが気に食わずすべて廃棄処分にしてしまう。
その後、第二次世界大戦に従軍するもののドイツ軍の捕虜となってしまい、その収容先で知り合った司祭より映画の制作を依頼され、終戦後に『罪の天使たち』を制作、この時点でのちの職業俳優を一切使わないブレッソン流の演出を確立。
『ブーローニュの森の貴婦人たち』の制作後にジャン・コクトーらとともに、後の「カイエ・デュ・シネマ」の母体とも言うべき組織「オブジェクティフ49」を創設するも、後に袂を分かつ。

Robert Bresson (1901-1999) フランスの映画監督。自作を「シネマトグラフ」と呼び、大仰な表現を排したストイックな作風を確立した。 (引用元 Hatena Keyword)