訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヴィットリオ・デ・シーカ 氏

映画監督俳優[イタリア]

1974年 11月13日 死去享年74歳

ヴィットリオ・デ・シーカ - ウィキペディアより引用
ヴィットリオ・デ・シーカ(Vittorio De Sica,1901年7月7日 - 1974年11月13日)はイタリア出身の映画監督・俳優。
カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭の最高賞に輝き、アカデミー外国語映画賞も受賞した。
俳優としてもアカデミー助演男優賞にノミネートされている。
1901年7月7日にイタリアのフロジノーネ県ソーラで会社員の末子として生まれる。
父の給料は少ないため生活は苦しく、2人の姉と共にアルバイトで家を助けながら高校を卒業した。
高校卒業後は俳優の道を歩み、兵役で芸能活動を中断しながらも、二枚目の役者・流行歌手として人気を得る。
1931年ごろからイタリア映画に出演、マリオ・カメリーニの下で映画を学び、1940年に『紅バラ』で映画監督としてデビューした。
1944年に脚本家のチェーザレ・ザヴァッティーニとコンビを組んで制作した『子供たちは見ている』は、ルキノ・ヴィスコンティの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』、アレッサンドロ・ブラゼッティの『雲の中の散歩』と並んでネオ・リアリスモの嚆矢と見なされている。

「ヴィットリオ・デ・シーカ」と関連する人物(故人)