芸能人・経営者のおくやみ情報

内田吐夢 氏

映画監督[日本]

1970年 8月7日 死去享年73歳

内田吐夢 - ウィキペディアより引用

内田 吐夢(うちだ とむ、本名 常次郎、1898年4月26日 - 1970年8月7日)は日本の映画監督。
日本映画の創成期から戦後にいたるまで、骨太な作品を撮りつづけた「巨匠」である。
1898年(明治31年)4月26日 - 岡山市に和菓子製造業「一二三(ひふみ)堂」の三男として生まれた。
父は徳太郎(世襲名を源蔵という)、母はこう。
尋常高等小学校中退 1912年(明治45年/大正元年)横浜のピアノ製作所に奉公に出る。
横浜の不良少年だった頃のあだ名がトムであり、後に芸名とする。
1920年(大正9年)横浜に創立されたばかりの大正活映に入社し、トーマス・栗原監督の助手を務める。
その後、俳優も兼ねるようになり、『喜劇・元旦の撮影』に主演したのをはじめ、何本かの映画に出演する。
同期に岡田時彦がいる。
なお映画の世界へとびこむと同時に、岡山の兄から勘当を言いわたされていた。
1922年(大正11年)牧野教育映画に移り、『噫小西巡査』を衣笠貞之助と共同監督し監督デビューする。
しかし、その後、旅役者の一座に混じって放浪生活に入り、旅役者や肉体労働者として浅草などで生活する。

うちだとむ [生]1898.4.26.岡山[没]1970.8.7.東京映画監督。本名常次郎。1920年大活に俳優として入社,のちに日活へ移り監督となって数本の喜劇物を撮った。資本主義社会のからくりを暴露した傾向映画『生ける人形』(1929)が出世作で,以後『仇討選手』(1931),『裸の町』(1937),『土』(1939)などの力作を発表。1945年中国に渡り,1954年に帰国,『血槍富士』(1955)で再起した。豪放な作風による名作を生み出し,日本映画界の巨匠といわれた。その他の作品に『大菩薩峠』(3部作,1957~59),『宮本武蔵』(5部作,1961~65),『飢餓海峡』(1965),『人生劇場・飛車角と吉良常』(1968),『真剣勝負』(1971)がある。 (引用元 コトバンク)