訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルイス・マイルストン 氏

映画監督[ロシア→アメリカ]

1980年 9月25日 死去享年86歳

ルイス・マイルストン - ウィキペディアより引用
ルイス・マイルストン(Lewis Milestone, 1895年9月30日 - 1980年9月25日)は、アメリカ合衆国の映画監督。
日本の書籍にはルイス・マイルストーンという紹介もしてある。
その生涯 ベッサラビア(現モルドバ共和国)のキシナウ生まれ。
誕生名はLewis Milstein。
レフ・ミリシュテイン Lev Milstein、レイブ・ミリシュテイン Лейб Мильштейнという資料もある。
ベルギーのヘント大学に学び、1913年ロシアが第一次世界大戦に参戦したため、兵役逃れでアメリカ合衆国に帰化するものの、アメリカも参戦を始めたため、フランス戦線ですぐ兵役につき、終戦まで新兵のための教育映画の製作に関わった。
その経験を生かして終戦後の1918年にハリウッド入りする。
編集者、脚本家、助監督などを経て、1925年『裏表七人組』で監督デビュー。
第1回アカデミー賞では『美人国二人行脚』(1927年)で喜劇監督賞に輝いた(この賞は第1回のみ存在)。
初めの5本はコメディ専門だったが、『暴力団』(1928年)のリアルなギャングの描写で注目され、1930年『西部戦線異状なし』ではアカデミー賞作品賞と監督賞を受賞した。