芸能人・経営者のおくやみ情報

中内功 氏

経営者、ダイエー 創業者[日本]

2005年 9月19日 死去脳梗塞享年84歳

中内 功(なかうち いさお、1922年〈大正11年〉8月2日 - 2005年〈平成17年〉9月19日)は日本の実業家。
ダイエーを創業し、会長・社長・グループCEOを務める。
日本チェーンストア協会会長(初代、10代、14代)・名誉会長(初代)、日本経済団体連合会副会長、自身が設立した学校法人中内学園(流通科学大学)学園長、理事長と、財団法人中内育英会理事長を歴任した。
戦後の日本におけるスーパーマーケット(GMS)の黎明期から立ち上げに関わり、近年の消費者主体型の流通システムの構築を確立させダイエーを中心とした商業施設の普及拡大、日本の流通革命の旗手として大きく貢献した。
生涯 生い立ち 大阪府西成郡伝法町(現・大阪市此花区伝法)に父・秀雄、母・リエの長男として生まれる。
父は大阪薬学専門学校(現・大阪大学薬学部)を卒業後、鈴木商店に入社し、退社後大阪で小さな薬屋をはじめた。
母は神社の宮司の娘であった。
祖父・栄は高知県矢井賀村(現・中土佐町)の士族の家 に生まれ大阪医学校(現・大阪大学医学部)に学び卒業後、神戸で眼科医となった。

なかうち-いさお 1922-2005昭和後期-平成時代の経営者。大正11年8月2日生まれ。昭和32年大栄薬品工業を設立し,「主婦の店ダイエー」1号店を大阪で開店。45年ダイエーと改称し,社長となる。価格破壊をモットーにチェーンストアを全国に展開し,47年小売り売上高日本一を達成。平成元年からプロ野球球団「福岡ダイエーホークス」を経営。2年経団連副会長。バブル崩壊後の消費低迷と過大な投資のつけでダイエーは業績不振におちいり,13年からは経営の一線から身をひいて流通科学大の運営に専念した。平成17年9月19日死去。83歳。大阪出身。神戸高商(現神戸商大)卒。著作に「わが安売り哲学」。 (引用元 コトバンク)