芸能人・経営者のおくやみ情報

伊丹万作

映画監督脚本家俳優[日本]

1946年 9月21日 死去享年47歳

伊丹万作 - ウィキペディアより引用

伊丹 万作(いたみ まんさく、1900年1月2日 - 1946年9月21日)は、日本の映画監督、脚本家、俳優、エッセイスト、挿絵画家。
本名は池内 義豊(いけうち よしとよ)。
「日本のルネ・クレール」と呼ばれた知性派の監督で、挿絵画家として活躍後、同窓の伊藤大輔の勧めで映画界に入り、片岡千恵蔵プロダクションへ入社。
作風は風刺と諧謔、人間味に富み、これまでの立ち回り主体の時代劇とは一線を画す現代的な時代劇で稲垣浩とともに新生面を開いた。
その後は闘病生活を余儀なくされるが、シナリオ執筆や映画論、社会批評など著述に専心した。
主な監督作に『國士無双』『赤西蠣太』、シナリオに『無法松の一生』『手をつなぐ子等』など。
長男は映画監督・俳優の伊丹十三、長女は大江健三郎夫人の大江ゆかり、孫は俳優の池内万作、池内万平。
来歴・人物 挿絵画家から映画界へ 1900年(明治33年)1月2日、愛媛県松山市湊町2丁目24番地に、官吏の父・義行と母・キクヨの長男として生まれる。

いたみまんさく [生]1900.1.2.松山[没]1946.9.21.映画監督。本名池内義豊。松山中学卒業。1927年日活京都撮影所に入社,最初はシナリオを書いていたが翌年片岡千恵蔵プロに転じ,処女作『仇討流転』(1928)を発表。以後『国士無双』(32),『刺青奇偶(いれずみちょうはん)』(33),『武道大鑑』(34),『忠次売出す』(35),『赤西蠣太』(36)などの作品を生んだ。時代劇映画に現代的批判を盛込んだ風刺時代劇の新ジャンルを開拓し,知性的作家として高く評価された。38年以後病床に伏し『無法松の一生』『手をつなぐ子等』などのシナリオを執筆,『伊丹万作全集』(3巻,61)などの著作がある。長男は俳優,映画監督の伊丹十三。 (引用元 コトバンク)