芸能人・経営者のおくやみ情報

黛敏郎 氏

作曲家[日本]

1997年 4月10日 死去肝不全享年69歳

黛敏郎 - ウィキペディアより引用

黛 敏郎(まゆずみ としろう、1929年2月20日 - 1997年4月10日)は、日本の作曲家。
戦後のクラシック音楽、現代音楽界を代表する音楽家の一人として知られる。
また、東京藝術大学作曲科講師として後進の育成にもあたった。
神奈川県横浜市の生まれ。
旧制横浜一中(現神奈川県立希望ヶ丘高等学校)から1945年東京音楽学校(現東京藝術大学)に入学して、橋本國彦、池内友次郎、伊福部昭に師事した。
在学中はブルーコーツ等のジャズバンドでピアニストとして活動した他、既に映画音楽も多く手がけている。
1949年卒業、研究科進学。
1951年研究科卒業。
同年最初の国産カラーフイルムによる総天然色映画『カルメン故郷に帰る』で、ブギ調での同名の主題歌作曲を担当する。
同年8月、フランス政府受け入れの留学生として、音楽学校同級生の矢代秋雄らと共にパリ国立高等音楽院に入学するが、教育内容への反発から、1年で退学し帰国した。
1953年、芥川也寸志、團伊玖磨と共に「3人の会」を結成する。
以後作曲家として活動をはじめる。
デビュー当初はガムラン等の南方音楽やモダン・ジャズの強い影響を受けていたが、留学後はミュジーク・コンクレート、電子音楽、ヴァレーズの音楽様式、ケージの偶然性の音楽やプリペアド・ピアノなど、最新の前衛音楽の様式を次々と日本に紹介する。

まゆずみとしろう [生]1929.2.20.横浜[没]1997.4.10.川崎作曲家。東京音楽学校(現東京芸術大学)作曲科に学び,橋本国彦,池内友次郎,伊福部昭に師事。学部の卒業作品『10楽器のためのディベルティメント』(1948)でデビュー,レコード化されて1950年芸術祭賞を受賞した。翌年国際現代音楽祭に『スフェノグラム(楔形文字)』(50)が入選。51年同研究科修了後,パリ国立音楽院にフランス政府給費留学生として留学(51~52)。53年芥川也寸志,團伊玖磨と「三人の会」を結成,またフランスで影響を受けたミュジック・コンクレートの技法による『X・Y・Z』(53)などの作品を発表する。その後もミュジック・セリエル,トーン・クラスターなど,新しい技法を用いて作曲を続けるが,58年傾向を一転して日本の伝統に回帰した作風を示し,のちにナショナリストとして政治的発言も活発に行うようになった。代表作はほかに『涅槃交響曲』(57~58),『曼陀羅交響曲』(60),ベルリン・ドイツ・オペラの委嘱作『金閣寺』(三島由紀夫原作,76)など。テレビ番組『題名のない音楽会』の司会を30余年にわたりつとめた。86年紫綬褒章受章。 (引用元 コトバンク)