芸能人・経営者のおくやみ情報

鶴岡一人 氏(つるおかかずと)

プロ野球選手、監督[日本]

2000年 3月7日 死去心不全享年85歳

鶴岡一人 - ウィキペディアより引用

鶴岡 一人(つるおか かずと(かずんど)、1916年7月27日 - 2000年3月7日)は、広島県呉市東二河通(現:西中央)出身 のプロ野球選手(内野手)・監督、野球解説者。
1946年から1958年までは「山本 一人(やまもと かずと)」。
愛称は鶴岡親分またはツルさん。
初代ミスターホークス、ドン鶴岡とも呼ばれた。
南海ホークスの黄金時代を築いた名監督で、日本プロ野球史を代表する指導者の一人。
史上最多勝監督。
現役時代 1年先輩である浜崎忠治(浜崎真二の弟)と仲間になり野球を始める。
同学年の藤村富美男は呉市の隣の小学校で当時からのライバルであった。
鶴岡は広島商業学校に進学し、1931年に遊撃手として第8回選抜中等野球大会で全国制覇、1933年の第10回選抜大会はエース兼4番打者としてベスト4。
1931年、選抜優勝校に特典として主催の大阪毎日新聞社から与えられたアメリカ遠征に参加し、ハイスクールやノンプロのチームと対戦した。

戦前・戦後のプロ野球選手・監督。 ポジションは内野手。背番号は5→30。愛称「親分」。 1916年7月17日生まれ。広島県出身。右投右打。 現役時代はルーキーイヤーより三塁手として活躍し本塁打王を獲得するも応召される。1946年に復帰し、打点王を獲得。 「グラウンドにゼニが落ちている」の名言を選手に言ってプロ意識を向上させるなど、チームをまとめ上げた。 専任監督となってからは、テスト生だった野村克也などを育て黄金期を築きあげる。 1965年、野球殿堂入り。また、同年一時勇退を決めたが後任監督の蔭山和夫が就任4日後に急死し勇退を撤回。 勇退後はNHK・スポーツニッポンの解説者を務めた。 2000年3月7日、心不全のため死去。享年83。 (引用元 Hatena Keyword)