芸能人・経営者のおくやみ情報

飯沢匡 氏

作家演出家[日本]

1994年 10月9日 死去享年86歳

飯沢匡 - ウィキペディアより引用

飯沢 匡(いいざわ ただす、1909年7月23日 - 1994年10月9日)は、日本の劇作家、演出家、小説家。
人物・来歴 父の転勤先の和歌山市で生まれ、愛媛県松山市を経て東京小石川原町や巣鴨に育つ。
本名は伊澤 紀(いざわ ただす)で、警視総監・貴族院議員・台湾総督を歴任した官僚政治家・伊澤多喜男の次男。
母は色川武大の親戚の色川家の人で、飯沢と色川は「高祖父が同じ」関係になる。
母方の祖父の色川三郎兵衛は衆院議員。
父方の伯父の伊沢修二は文部官僚で吃音矯正教育に貢献した。
湯本武比古は義理の伯父(母の姉の夫)にあたる。
1922年、東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。
在学中は算術が苦手で家庭教師をつけられたが成績不良であった。
同年、武蔵高等学校 (旧制)尋常科に第1期生として入学。
やはり数学が苦手で落第を経験。
落第後の同級生に黒金泰美がいた。
1925年、尋常科3年のとき発病しサナトリウムに入院、1926年までを過ごす。
1928年、学校嫌いのため、高等科1年のとき武蔵高等学校を退学。
同年、文化学院美術科に入学。
1932年、文化学院美術科を卒業し、専修科(美術)に進む。

いいざわただす [生]1909.7.23.和歌山[没]1994.10.9.東京劇作家,小説家。本名伊沢紀(ただす)。文化学院美術科卒業。1933~54年朝日新聞社勤務。一貫して風刺性の強い喜劇を書き,文学座で上演された『北京の幽霊』(1943)では,日中戦争への批判をこめた。『二号』(54)で第1回岸田演劇賞(現岸田国士戯曲賞)受賞。代表作は読売文学賞受賞の『五人のモヨノ』(67)ほか,『もう一人のヒト』(70),『夜の笑い』(78)など。83年日本芸術院会員。 (引用元 コトバンク)