芸能人・経営者のおくやみ情報

水原茂 氏

プロ野球選手、監督[日本]

1982年 3月26日 死去肝不全享年74歳

水原茂 - ウィキペディアより引用

水原 茂(みずはら しげる、1909年1月19日 - 1982年3月26日)は、香川県高松市出身のプロ野球選手(内野手)・監督・野球解説者・野球評論家。
1955年から1959年の登録名は「水原 円裕(のぶしげ)」。
現役時代は東京巨人軍(1947年より読売ジャイアンツ、以下巨人)で活躍し、引退後は巨人、東映フライヤーズ、中日ドラゴンズの監督を歴任した。
巨人監督時代の在任11年間で8度のリーグ優勝、4度の日本一に輝き、セントラル・パシフィック両リーグでチームを日本一に導いた(セ - 巨人、パ - 東映)。
妻は戦前の映画に出演していた女優の松井潤子である。
1935年に結婚した。
幼少時に両親が離婚、父親が入り婿になり再婚した先の「水原」姓になったという。
野球を始めたのも、実家の環境からの気晴らしであったという。
現役時代 香川・旧制高松商業学校(現香川県立高松商業高等学校)時代は、先輩・宮武三郎(のちの阪急初代主将)とともに甲子園に出場。

プロ野球選手・監督。別名「水原円裕?」。 右投右打、ポジションは三塁手。背番号は17→30番。 1909年1月19日生まれ。香川県出身。 高松商で甲子園に出場。その後法政大学に進学、名三塁手として活躍。 1936年秋、東京巨人軍に入団。 1942年、応召。シベリア抑留を経験。 1949年7月20日、帰国。 その4日後、後楽園球場にて帰還報告。「水原茂、恥ずかしながらただいま帰ってまいりました。」の名言を残す。 1950年、読売ジャイアンツの監督に就任。 1955年、水原円裕?に改名。 1961年、東映フライヤーズの監督に就任。 1967年、退任。 1969年、中日ドラゴンズ監督に就任。 1971年、退任。 1976年、野球殿堂入り。 1982年3月26日、逝去。 同郷出身の三原脩とは終生のライバル関係。 (引用元 Hatena Keyword)