芸能人・経営者のおくやみ情報

南部陽一郎 氏

理論物理学者・素粒子物理学[日本→アメリカ]

(ノーベル賞受賞)

2015年 7月5日 死去急性心筋梗塞享年95歳

南部陽一郎 - ウィキペディアより引用

南部 陽一郎(なんぶ よういちろう、1921年1月18日 - 2015年7月5日)は日本出身、アメリカ国籍の理論物理学者。
シカゴ大学名誉教授、大阪市立大学名誉教授、大阪大学特別栄誉教授、立命館アジア太平洋大学アカデミック・アドバイザー。
専門は素粒子理論。
理学博士(東京大学 1952年)。
日本の福井県福井市出身。
自宅が大阪府豊中市にあり、シカゴに在住していた。
1970年に日本からアメリカ合衆国へ帰化した。
日系アメリカ人(一世)の理論物理学者で1952年に渡米、1960年代に量子色力学と自発的対称性の破れの分野において先駆的な研究を行ったほか、弦理論の創始者の一人としても知られ、現在の素粒子物理学の基礎をなす様々な領域に多大な貢献をなした。
とくに自発的対称性の破れの発見により、2008年にノーベル物理学賞を受賞した。
シカゴ在住だったが、晩年は大阪府豊中市にもある自宅に身を寄せていた。
生い立ち 日本の東京府東京市にて福井県出身の父親と福島県出身の母親の間に生まれた。

日本人物理学者。理学博士。量子色力学とヒッグス粒子の分野が専門。1921年1月18日生まれ。福井県出身。後にアメリカ合衆国に帰化した。東京帝国大学理学部物理学科卒業。 大学卒業後は大阪市立大学教授などを歴任。1952年に渡米し、プリンストン高等研究所を経て1956年にシカゴ大学助教授に就任し、さらに、1958年に同大学教授になった。1991年にシカゴ大学エンリコ・フェルミ研究所名誉教授となった。2008年に「自発的対称性の破れ」の発見の研究成果が認められてノーベル物理学賞を受賞した。 2015年7月5日死去。享年94。 (引用元 Hatena Keyword)